浅間山麓徒然日記6plus

北に名峰・浅間山、南に八ヶ岳~蓼科山を仰ぎ見る信州佐久(軽井沢の西隣)から、はたまた東京砂漠の片隅から、皆さん、どうもこんにちは。

ケーキに灯るキャンドルの明かりが照す幸せ


今日は姉の七回忌と、せっかく集まったので、3月4月に誕生日を迎える家族のお祝いをしました。


中華料理でお腹いっぱいと言いながら、ペロッと入るのですから、やはり別腹ですね。

とりあえず健康で集えて幸せです。
  1. 2013/03/31(日) 23:51:08|
  2. 暮らしの知恵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自転車屋さん


御徒町の街中を、待ち合わせの場所へ進む途中、

丸石自転車

と看板だけが残って廃業しているお宅の前にいました。


実は私の父親の実家が自転車の問屋を営んでいて、このお宅と同じように今は廃業しているのですが、同じように今は存在しているのかさえ分からない

丸石自転車

の看板を見て、夏休みに泊まりに行った時の、家の中に籠っている自転車のタイヤの

ゴムの臭い

を思い出し、

夜桜など見て風流な文句の一言でも、

という時期なのに、小さい頃に刷り込まれた記憶というのは大したものだなぁと思ってしまいましたね。
  1. 2013/03/29(金) 23:00:17|
  2. 深い意味は...ないです。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さようなら小田急線・下北沢駅

前の日記と同じ3月17日に京王井の頭線に渋谷から乗ったところ、

間もなく下北沢、下北沢。小田急線下北沢駅は3月23日より地下駅に移行のため、お乗換えにはご注意下さい。

とのアナウンス。え、そうなんだ。もうできちゃうの、ということでわざわざ降りてみました、下北沢駅に。この乗り換え口ともおさらばか。
CAI_20130317-1 (3)

そんなに早いとは知らなかったな。
CAI_20130317-1 (4)

ここの階段って結構複雑なんだよね。
CAI_20130317-1 (7)

狭いホームに「鉄」な方が数名おりました。今日は私もあんたらのお仲間よん。
CAI_20130317-1 (13)

CAI_20130317-1 (16)

CAI_20130317-1 (15)

小田急線は通学路でも通勤路でもなかったので、強い思い入れはそんなにないのですが、地下化で乗り換えが遅くなるのは、ちと困りものですね。
CAI_20130317-1 (21)
  1. 2013/03/25(月) 22:54:21|
  2. 東京砂漠とその周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご結婚おめでとうございます。


小雪の時よりショックが少ないのは、まぁ人好き好きということで、はい。
  1. 2013/03/25(月) 17:50:04|
  2. 深い意味は...ないです。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さようなら東急東横線・渋谷駅

写真がたくさんなので、アップをサボっていたんですが、7つ前の日記で気になっていた(けれど、最終日までにそのホームに行くことを忘れてしまった)東急東横線渋谷駅に、閉鎖後2日目の3月17日にちょっと寄ってきたのです。

渋谷ヒカリエは、これからの渋谷の象徴ですよね~。
CAI_20130317 (43)

で、これは今年の1月20日の東横線渋谷駅。もちろん地下化の情報は織り込み済みです。
CAI_20130120 (1)

で、これは3月17日の旧東横線渋谷駅。地下鉄からの風景を見て、ああそうだ、今のうちのでも目に入れておこうと思い立ったわけです。遅まきながら。
CAI_20130317 (36)

地下鉄銀座線の渋谷駅に掲示されていた周辺の地図からいずれ東急渋谷駅は消える訳ね、フムフム。
CAI_20130317 (37)

とりあえず自動改札機が取り外されただけの旧東横線渋谷駅のプラットホーム。これから物理的な取り壊しにかかるんですねぇ。ここも囲いで覆われてしまうんでしょうね。
CAI_20130317 (40)

この東急マークの駅舎ともお別れです。以前の日記で触れたドラマ「東京ラブストーリー」で赤名リカが東急文化会館でのカンチとの待ち合わせにスカを食った場面で映りこんだこの駅舎も、これから先に見る人はなんの建物だろうと思うのでしょうね。

時代は移り変わるのですから必要以上にセンチになることもないでしょう。どんな新しい建物が建つのか、今から楽しみです。
CAI_20130317 (45)
  1. 2013/03/23(土) 17:58:58|
  2. 東京砂漠とその周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上田の桜


もうこの週末には満開を迎える東京にあって、一応まだ大丈夫と思える上田城の桜に客寄せするポスターは、4月7日を満開のピークと見定めて大外れをこいた東京の業者を嘲笑うかのように誇らしげなのは、

まぁそれはそれでいいっかぁ

と思う私なのでした。
  1. 2013/03/22(金) 22:30:05|
  2. 佐久市とその周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小松乙女


って品種だそうです。

東京の染井吉野はまだ二分咲きですが、この木は七分咲きで、皆の目を集めていました。
  1. 2013/03/19(火) 08:24:05|
  2. 東京砂漠とその周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懐かしい


山手線を待っていたら、サントリー伊右衛門のPR車両がホームに滑り込んできました。

車体全体が緑色なんて、なんか昔の山手線みたいだなぁ

と思ってしまいました。
  1. 2013/03/08(金) 23:14:03|
  2. 東京砂漠とその周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウィーン少年合唱団


オーストリアに海軍はない(海がないから)はずなのに、なぜ彼らはセーラー服なんだろう?

などと、くだらないことが頭をもたげてしまいました。

オーストリア・ハンガリー帝国の時の名残なんですかね。
  1. 2013/03/07(木) 08:42:05|
  2. 深い意味は...ないです。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そうか!


もう繋がるんですね。あの東急マークをあしらった東横線の渋谷駅ホームともお別れです。
  1. 2013/03/05(火) 08:51:04|
  2. 東京砂漠とその周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0