浅間山麓徒然日記6plus

北に名峰・浅間山、南に八ヶ岳~蓼科山を仰ぎ見る信州佐久(軽井沢の西隣)から、はたまた東京砂漠の片隅から、皆さん、どうもこんにちは。

旗日


でしたね。みどりの日って未だにピンときませんが。
  1. 2014/04/29(火) 16:41:04|
  2. 東京砂漠とその周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジェルボール


何でも第3の洗剤なんだそうだ。


こんなアメ玉の親分みたいのを入れて、洗濯物がキレイになるんだろうか?
使いきり?洗濯物の分量に応じて寿命は長いんだろうか?

この広告の片隅に、

webで応募の先着1000名様サンプリング中

とあるじゃないか。


むふふ、オイラはこういうの強いんだぜぃ。こんな大きな広告まで打って1000名なんてシケた話しで収めるはずがないんだぜぃ。

当たって使い勝手が分かったら、レポートすっから、皆楽しみに待ってるんだぜぃ。

もっとも、あなたも応募して実感した方が、どうせタダなんだから早手回しだぜぃ。
  1. 2014/04/27(日) 17:46:05|
  2. 暮らしの知恵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たれでね


一昨日のことになりますが、帰宅途中のいつもの焼き鳥屋で、いつもは「塩で」と頼むところなんだけれど、昨晩はどういう風の吹き回しか、後半は

「たれでね」

と店のお兄ちゃんに頼んでしまいました。


出てきた3つの串を見て口に入れ、美味しいけれど

やっばりデブの味だな

と思ってしまった訳(思い出したように購入するマガジンハウス社の雑誌Tarzanのダイエット特集では、「たれは砂糖が入ってるので塩で頼もう」と記述されることが多い)ですが、そういう「塩で」だって

成人病の味

と言われれば、立つ瀬はもうない訳で、

焼酎のお湯割りにアルコール以外のカロリーが入ってないからまぁいいさ

を最後の身の拠り所として、頭の中の「デブ・成人病」論争は、日米TPP交渉のような長い行く末となりそうです。
  1. 2014/04/25(金) 08:30:12|
  2. オヤジの元気の素
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なるほど


またローソンで

大きなペケペケ

のおにぎりシリーズが始まったらしい。


今回はイラストではなく、実写の写真がデカデカだが、インパクトはなんとなくこちらに軍配なのかなぁ。


今回のバージョンを見て思いだしたのは、紙パックのフルーツジュースのパッケージが

果汁100%ならその果物の切った断面を図柄として採用できる

という経済産業省だか業界団体だかどこだかの基準のことです。


添加物のない鮭の身なら

とか

鮭の身がその食材全体に占める割合が○○%以上なら

鮭の切り身の写真をパッケージに採用してもよろしいぞよ

な~んてことを考えるのを仕事にしている人がこの世の中にはいるのかな~?

と、その日の昼食を朝通勤途中のローソンで買い求めながら、会社の敷地に入るまでのものの1~2分でくだらん物思いにふけってリラックスしたkunieなのでした。
(※お断り=流石にこのネタを朝の就業までにタイプするほど暇ではなく、前日夜の仕込みなのはご了解あれ。)
  1. 2014/04/23(水) 08:22:04|
  2. 深い意味は...ないです。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

若葉


あっという間に桜は散り、新緑の芽生えの真っ盛りです。
  1. 2014/04/22(火) 08:35:07|
  2. 東京砂漠とその周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八重桜


渋谷の街を歩いていたら、どこぞの飲食店が八重桜を山盛りにして店頭に飾ってありました。(人の背丈くらいのものです)


これを見て

花屋に注文したら、いったいいくらくらいになるのだろう?

と、昨日母と散歩して花見はご馳走さんの私には、そんな下世話なことしか思い浮かびませんでした。
  1. 2014/04/20(日) 12:13:05|
  2. 東京砂漠とその周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の東京=晴れ


実家の前の地主さんの家の大きな欅の木が、2本とも植木屋の手によって綺麗に刈り込まれていました。

え、大人の10倍はあろうかという背丈の木なのに、普通の梯子じゃ届かないよなぁ~

近くの公園の木々もそんなふうに刈り込まれていて、

嵐の後の落ち葉や枝に苦情が殺到するのか、それとも雪の重みに耐えかねる前にバッサリやったのか、どっちなんでしょうかね~?
  1. 2014/04/19(土) 12:14:05|
  2. 東京砂漠とその周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お茶の水ニコライ堂


6時にお茶の水駅に降り立ったので

ニコライ堂の鐘の音が聞こえるかな?

と期待したのですが、どうやら鳴るのは5時か5時半?くらいのようで、音無しの構えのままでした。
  1. 2014/04/16(水) 18:08:04|
  2. 東京砂漠とその周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元気?


当たるも八卦、当たらぬも八卦ではありますが。
  1. 2014/04/13(日) 16:51:06|
  2. オヤジの元気の素
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よりによって


佐久に帰る日の前日にコンタクトレンズを片玉無くしてしまい(なにも消費税8%になってすぐだなんて)、こういう時のためにワンデーアキビューをクーポンサイトで購入していたから(=そう、私は今では奇人の部類になるであろう常用コンタクトレンズの愛用者なのです)見る事に関してすぐには困りませんでしたが、

ペラペラしていて接着力に欠けるし、瞼の中ですぐ折り畳まっちゃうじゃんか

と、何度2つ折りのレンズを目から取り出して入れ直したことか。


要は安物だから使い捨てなのだな~と、そう思いました。
  1. 2014/04/10(木) 12:38:04|
  2. 暮らしの知恵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

か、風邪なんですが!


いつも行く代々木の病院で、いつもの先生が

いつも通りの薬でいいですね

とマスクをつけた人相の私に、語りかけた。


せ、先生。今日は風邪なんですが。

あ、風邪なんですか?!


このやり取りで、花粉症患者の方がいかに世間に多いか見に積まされて知りました、はい。
  1. 2014/04/09(水) 08:24:04|
  2. 暮らしの知恵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花見はできたみたい


東京に帰って通勤途中の見事な桜を眺めた限りでは、まだ花が半分以上残っているところから、先の週末は無事に花見が出来たみたいです。
  1. 2014/04/08(火) 08:26:08|
  2. 東京砂漠とその周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月5日 鬼押出し

鬼押出しと言えば「鬼押出し園」と思っていた私には、浅間火山博物館から始まる鬼押出しの遊歩道はなかなか見応えがあり、しかもタダなのが嬉しい、帰宅途中のひとコマとなりました。
CAI_20140405 (41)

CAI_20140405 (42)

CAI_20140405 (48)

CAI_20140405 (49)

ここからは遊歩道の見晴らし台から浅間山北麓を起点に東側に180度ぐるっとの展開です。
CAI_20140405 (51)

CAI_20140405 (52)

CAI_20140405 (53)

CAI_20140405 (54)

CAI_20140405 (55)

気温は低めでしたが、カラッとしたいい天気で最高の週末の午後でした。
  1. 2014/04/07(月) 09:13:09|
  2. 佐久市とその周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月5日 浅間牧場

長野牧場は我が家から歩いて行けるが、浅間牧場は行ったことがない。

それが昨日のテーマでした。


多分消費税前の軽井沢の観光&お買い物客の出足はないと踏んで昼食を食べてから群馬県嬬恋村の(属に北軽井沢エリアでんな)の浅間牧場へ行ってみることにしました。車はほとんどいないに等しく楽らく~ぅ!
CAI_20140405 (5)

行ってみると入口付近の観光案内所は閉鎖中。近くの土産物屋さんに入って尋ねると

「放牧は青い草の芽がでてからなんで、5月の中旬にならんと牛はいませんよ」

と言われてみれば当たり前のご教授があり、
CAI_20140405 (6)

でも、牧場だから牛がすべてではないかもしれないと、もう一度遊歩道の道案内図をみていると、ここが私たちの親にとっては国民的愛唱歌「丘を越えて」の作詞の由来地であることがわかりました。おお、ラッキー!!
CAI_20140405 (7)

では、いざ!行ってみませう。
CAI_20140405 (8)

碑があるというのはもうちょっと先なのかな?
CAI_20140405 (9)

ちなみに佐久の地からほぼほぼ180度逆の浅間山の眺めはこんな感じ~。
CAI_20140405 (10)

途中には映画「カルメン故郷に帰る」のロケに使われた木の案内板が立ってました。名前は聞いたことあるんだけど、高峰秀子の若い時の映画らしい。
CAI_20140405 (12)

先の案内板から200mとかからない場所に碑はありました。
CAI_20140405 (26)

詳しい話しはこちらに譲りましょう。
CAI_20140405 (28)

丘を越えてという題名ですが、越えてきたことを清々しく思うのか、そこから見えた先の景色を清々しく思うのかちょっとわかりませんでした。
CAI_20140405 (29)

これはかなりアップしていますが、振り返った方向に見える浅間山北麓で
CAI_20140405 (25)

これは碑の先50mのところから見える(多分)草津方面ですね。
CAI_20140405 (19)

でも個人的にはその近くにあった、まるでオブジェのような緊急避難所(浅間山の噴石避けです)に目が釘付けになりました。
CAI_20140405 (32)

「丘を越えて」の作詞からウン十年を経て、今の歌詞なら「いざ行け、遥か希望の前にとにもかくにも避難所を確保しながら着実に前進して丘を越え~て」とかなり字余りになりながらもそう考える人が多いんじゃないかと世知辛い妄想にかられておりました。やあね、年寄りって。
CAI_20140405 (34)

【参考】動画になりませんが「丘を越えて」とはこんな歌です。前奏で半分くらい時間が過ぎますが、気長にお待ちください。
  1. 2014/04/06(日) 10:20:11|
  2. 佐久市とその周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思惑の違い


昨晩4ヶ月ぶりに佐久に帰ってきたら、先週相方さんの誕生日に送った花が玄関先に飾ってありました。

えっ...


先週の金曜日、花屋で鮮やかな色彩の花に目をとめていたら

それは菊の仲間だからお祝いにはおかしい

じゃ、トルコ桔梗の白と淡いオレンジのカーネーションを中心にグリーンの麦の穂と、他に小ぶりな色見の鮮やかな花をアクセントに入れてボリュームを出して欲しいんですけど

ええ、大丈夫。やっておきます


その結果がピンクも黄色もブルーもてんこ盛りとは...

次回はおばちゃんに任せてはいけない、と日記には書いて覚えておこう。
  1. 2014/04/05(土) 18:07:05|
  2. 暮らしの知恵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ