浅間山麓徒然日記6plus

北に名峰・浅間山、南に八ヶ岳~蓼科山を仰ぎ見る信州佐久(軽井沢の西隣)から、はたまた東京砂漠の片隅から、皆さん、どうもこんにちは。

自転車屋さん


御徒町の街中を、待ち合わせの場所へ進む途中、

丸石自転車

と看板だけが残って廃業しているお宅の前にいました。


実は私の父親の実家が自転車の問屋を営んでいて、このお宅と同じように今は廃業しているのですが、同じように今は存在しているのかさえ分からない

丸石自転車

の看板を見て、夏休みに泊まりに行った時の、家の中に籠っている自転車のタイヤの

ゴムの臭い

を思い出し、

夜桜など見て風流な文句の一言でも、

という時期なのに、小さい頃に刷り込まれた記憶というのは大したものだなぁと思ってしまいましたね。
  1. 2013/03/29(金) 23:00:17|
  2. 深い意味は...ないです。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ケーキに灯るキャンドルの明かりが照す幸せ | ホーム | さようなら小田急線・下北沢駅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamdhu.blog.fc2.com/tb.php/402-46e2b6ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)