浅間山麓徒然日記6plus

北に名峰・浅間山、南に八ヶ岳~蓼科山を仰ぎ見る信州佐久(軽井沢の西隣)から、はたまた東京砂漠の片隅から、皆さん、どうもこんにちは。

あの答えは美しくない


と、このベンチで若き日(容疑者Xの献身の犯人)の石神哲哉が湯川学に対してそう言ったとか言わなかったとか。


子供がガリレオ好きなので、土曜日に国立市へ行く用事があり、少し早めに行って適当に一橋大学に入ってみたら、意外なほど早く見つけることができました。

兼松講堂の向かって左側です。
  1. 2013/07/22(月) 19:21:09|
  2. 深い意味は...ないです。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大英帝国よ、永遠なれ。 | ホーム | 買ってはいけない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamdhu.blog.fc2.com/tb.php/458-fefda09b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)