浅間山麓徒然日記6plus

北に名峰・浅間山、南に八ヶ岳~蓼科山を仰ぎ見る信州佐久(軽井沢の西隣)から、はたまた東京砂漠の片隅から、皆さん、どうもこんにちは。

少ないね~


今年私宛てにきた年賀状の束がこれ。す、少ない。


何年か前に20代の頃のお義理だけの仕事関係の賀状をバッサリ切って、次に30代の時分のを切るのと並行して、40代の頃から社内の個人情報が開示されなくなり、基本的に住所録は非公開で、転勤を繰り返しても賀状の数は増えずこの有り様だ。


リタイアした親父の賀状が私の数を下回ったとき、

やっぱり寂しく感じているのだろうか

などと思ったものだが、これだと

自分は現役なのに子供に抜かれる

なんてことも、現実にはありそうな気がしてきたぞ、オイ。
  1. 2014/01/15(水) 10:17:12|
  2. 暮らしの知恵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<駅弁大会 | ホーム | カレンダー需要の分水嶺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamdhu.blog.fc2.com/tb.php/554-d62dea0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)