浅間山麓徒然日記6plus

北に名峰・浅間山、南に八ヶ岳~蓼科山を仰ぎ見る信州佐久(軽井沢の西隣)から、はたまた東京砂漠の片隅から、皆さん、どうもこんにちは。

かんずり2種類を試してみた


東京に持って帰ってきた、新潟県妙高市の唐辛子発酵食品

かんずり

を試食してみました。


今年は一昨年に買った3年熟成の一般的なタイプ(右)に加え、県外ではあまり販売されていないという6年熟成(左)も買い求めてみた訳です。

最初に6年熟成の方をなめてみると、最初に赤唐辛子をかじった時のピリッとした味わいのまま、後は一緒に発酵させてある糀や柚子とバランスをとった後味(辛味は全体量から想像する1/3くらい)が続きますね。

3年熟成の方は辛味や酸味が交互に口の中に広がって、6年熟成の滑らかさには及びませんが、私にとっては好きな味。

3年熟成は鍋物に、6年熟成はそのまま日本酒のつまみにしてみようかな。
  1. 2014/08/17(日) 11:18:07|
  2. オヤジの元気の素
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<暑いなぁ そう言いながら 秋の雲 | ホーム | 今朝の長野県佐久地方=曇りところにより晴れ間>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamdhu.blog.fc2.com/tb.php/684-7ae16083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)