浅間山麓徒然日記6plus

北に名峰・浅間山、南に八ヶ岳~蓼科山を仰ぎ見る信州佐久(軽井沢の西隣)から、はたまた東京砂漠の片隅から、皆さん、どうもこんにちは。

年の瀬


ああ、やっと佐久に帰れる

会社を1時間ほど早退して、喉を潤し腹を満たしてからと思った矢先、

そう言えばさっき電車の中で着信した電話は誰からだったんだろう?

と、ケータイを開けてみたら

再従兄弟

からだった。


え~、また4年前みたいに親戚の誰か死んだのかよ~!んじゃ、切符はキャンセル???

でも、一族の中で我が家だけ乗り遅れる訳にもいかんので、恐る恐る電話をかけてみた。


あ、ホニャララ君?僕です。Mです。

あ、Mさん、すみません。実は僕たちのじいさん達の共有名義の土地のことで…

不幸の電話でなくて良かったが、この気持ちの落差で一気にたかだか1杯のビールの酔いが回ってしまった。

もし、このくらくらがエスカレートして、私がポックリ逝ったとしても

年の瀬はよくあるんだよね~、こういうのが

と、会社の別の部署のよく知らない誰かから軽~く言われたんじゃなかろうかなと、でもそう思っている他人事のような自分にほっとしながら、今日は佐久に帰ります。
  1. 2014/12/19(金) 18:16:06|
  2. 深い意味は...ないです。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<年の瀬の通り相場 | ホーム | よしぎゅう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamdhu.blog.fc2.com/tb.php/738-56c040c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)