浅間山麓徒然日記6plus

北に名峰・浅間山、南に八ヶ岳~蓼科山を仰ぎ見る信州佐久(軽井沢の西隣)から、はたまた東京砂漠の片隅から、皆さん、どうもこんにちは。

味噌作り

母の確定申告の作成でヒーヒー言う前に、

何かいいことをやっておこう!

と思い立ち、試みることにしたのが味噌作りです。


以前「塩レモン」作りを教えていただいた教室に奥様やお嬢さん達に混ざって参加しました。

教室のホワイトボードに貼られた一連の流れはこうですが、
DSC_20160131 (20)

DSC_20160131 (21)

DSC_20160131 (22)


実際の感じはこんな具合です。最初の生こうじをパラけた顆粒の単位にほぐし終わったところへ規定量の塩を準備するところからです。
DSC_20160131 (4)

塩投入。以後ふりふりガサガサして麹に塩がコーティングされるよう満遍なく混ぜていきます。
DSC_20160131 (5)

混ぜ合わさった麹の横に、茹でた大豆が配布されてきました。こんなところは教室なので人がやってくれるから楽です。
DSC_20160131 (7)

大豆を片手に軍手をはめてモミモミしてペースト状にしました。
DSC_20160131 (8)

それ、麹と大豆、合体です。
DSC_20160131 (9)

モミモミ、混ぜ混ぜ、美味しくな~れ。
DSC_20160131 (10)

願いは届くのでしょうか。先生の言うところによると、夏以降適宜食べられますとのことでした。
DSC_20160131 (11)

皆が作り終えると、今度は先生の1年前の仕込みがどうであったのかのサンプルのお味見です。
DSC_20160131 (14)

そして、ごまみそ、ゆずみそ、しょうがみそ、ねぎみそ等のいろんなお味も体験できて、
DSC_20160131 (17)

いくつかパターンを変えて作りおき、秋には酒のさかなは

モロきゅう

で決まりということにしてみようかと思います。
  1. 2016/01/31(日) 21:59:00|
  2. 暮らしの知恵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さばの味噌煮 | ホーム | ラグビー見るなら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamdhu.blog.fc2.com/tb.php/873-f86b123c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)