浅間山麓徒然日記6plus

北に名峰・浅間山、南に八ヶ岳~蓼科山を仰ぎ見る信州佐久(軽井沢の西隣)から、はたまた東京砂漠の片隅から、皆さん、どうもこんにちは。

お互いに


昨年の夏のNHKニュースで

怪談物を、体調不十分のまま桂歌丸が高座に上がって頑張っている

的なレポートがあって、

そうか~、片足突っ込んでる的なことが言いたい訳ね~

とふむふむしながら、それでも高座のカットは現役さながらの姿に心で拍手を送ったものでしたが、先日有楽町駅で見たこのポスターに感じるものがあって、電話をかけたら2席とることが出来たので母と4月の日曜日に行ってきます。


本当は高校の頃、落研に所属して新宿末広亭でアルバイトしていた人の話しを聞いていて

初めて行くなら、落語は新宿末広亭

と心に決めていたのですが、そう思い繰らして30猶予年。

場所は国立劇場演芸場なので望みは果たせませんが、このチャンスを逃せば、歌丸も母もお互い両足突っ込みかねないので、ここは勘弁していただきとうおます、はい。
  1. 2016/03/28(月) 16:49:06|
  2. 暮らしの知恵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<満開? | ホーム | 夢の城>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamdhu.blog.fc2.com/tb.php/891-552fb88e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)